背中ニキビ カビ菌

背中ニキビの原因「マラセチア菌」とは?

背中ニキビは顔のニキビと違う場合があります。ですのでアクネ菌用のニキビケア商品では改善しません。
背中ニキビの原因はカビの仲間「マラセチア菌」と言われています。

 

そのため、抗真菌剤などが配合されてる洗浄剤「コラージュフルフル」などを使用することで効果が期待できます。薬用石鹸ミューズも殺菌効果があり、手頃に買える値段なのでおすすめです。

 

また、もっとお手軽なもので「ミョウバン水」というのがあります。
ミョウバンにはマラセチア菌によく効く殺菌作用があると言われています。

 

市販のミョウバン50gを1.5リットルの水で溶かします(少し温かい温度にするとよく溶けます)。
これを原液とし、自分の好みの濃度に水で薄めて霧吹きなどでお風呂上がりなどに吹きかけてください。

 

またマラセチア菌は高温多湿な環境によっても発生しますので、まずは着ている服の生地なども考慮しましょう。発熱作用のある下着が流行っていますが、場合によってはそれらの下着が原因で背中ニキビが出来てる人も少なからずいます。

 

通気性のよい綿などがおすすめです。
またこのマラセチア菌は摩擦によっても湿疹が出来やすく、乾燥肌且つ皮脂が多く出る体質の人はリュックやバッグなどが当たる部分が擦れてニキビが出来てしまうこともあります。ただ、石鹸で洗って殺菌しても一時的でしかない場合、やはりそれは体内の免疫低下が関係してるといえます。

 

そしてビタミンB群を積極的に摂取しましょう。
ストレスや食生活の偏りなども免疫低下の原因になります。気をつけましょう。