ニキビ 原因 対処法

ニキビの根本的な原因は何?

ニキビはポピュラーな肌トラブルです。ニキビは中学生や高校生の頃のような思春期にできるものというイメージが強いですが、実はそんなことはありません。
大人になってからもニキビに悩まされている人はたくさんいます。成人の肌トラブルのベスト3に入るとされているほどです。

 

ニキビができる原因は、年齢、部位によって異なります。例えば、思春期にできるニキビの原因はホルモンバランスの乱れと言われています。
思春期には多くの体の変化が起こりますが、それに伴いホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰分泌されてしまうのです。

 

この過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビができてしまいます。
このため、思春期にできるニキビを改善するためには、正しい洗顔によって皮脂をしっかり落とすことが大切となります。

 

大人にできるニキビの原因は様々ですが、生活習慣が関係していることがほとんどです。
例えば、睡眠不足、食生活の偏り、喫煙週間、洗顔やシャンプーの際の洗い残しやストレスなどが上げられます。

 

このため、自分のニキビの原因をまず特定したうえで、対処をすることが効果的です。
また、複合的な原因によってニキビができていることも多くありますので、注意が必要です。

 

いずれにしても、正しい洗顔を行うことが大切です。まず気をつけないのは、洗顔料をしっかりとあわ立てることです。
手のひらで洗顔料をごしごしと付けてしまうと肌に刺激を与えてしまい、肌トラブルが起こってしまいます。たっぷりの泡で包み込むように洗うことが重要です。