思春期ニキビ 予防

思春期ニキビの原因と予防や対処法

高校生などの若者に多く見られるために「青春のシンボル」などといわれるニキビです。
しかしニキビは皮膚病の一種なのです。顔に多くできますが、背中や胸にもできるものです。

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることが原因で発症する病気です。
ですから皮脂の分泌が活発になる10代から20代に多いのです。

 

毛穴に皮脂が詰まってできる初期段階のニキビが白ニキビや黒ニキビです。
そこからアクネ菌が増殖して炎症を起こすと赤ニキビになるのです。

 

思春期におけるホルモン(特に男性ホルモン)の変動により皮脂分泌が多くなるのですが、実際にニキビができますと気持ちが落ち込みます。

 

またイライラして怒りっぽくなったりして精神的にも影響が出てきます。
そうなりますと「青春のシンボル」などというきれいな言葉で語られるようなものではなくなってきます。
できるだけ早く対処したいものです。さもなければ強い炎症の後にでこぼこしたニキビ痕を残すことになるからです。

 

ニキビを防ぐためには日頃から避けるべきことがいくつも挙げられます。
厚化粧、睡眠不足、ストレス、不規則な食事などです。また汗や部屋の乾燥もよくありません。
汗をかいたら速やかに拭くこと、エアコンをつけっぱなしにしないこと、などの注意も必要です。

 

ニキビができてしまったら、毛穴の汚れを取り除き、詰まった皮脂を取り出すことが必要です。
つまりニキビの原因を取り除くということです。

 

日に1〜2回低刺激性の石けんで洗うことも大切です。
もちろんニキビを手で触ったり潰したりは厳禁です。

 

くれぐれもニキビを放置して手遅れにならないように、早めに対処したいものです。